地盤補強工事(柱状改良工事 ZEROGROUP(株))

柱状改良工事とは、

地盤の弱い土地に、2メートル以上8メートル以下の深さの場合に用いられる方法で、土の中にコンクリートの柱を造ってしまう方法です。主に土地が軟弱で建物を支えれないと判断された場合に用いられる工法です。

動画のように、セメントミルクを土に添加しながら撹拌して、

直径60センチほどのコンクリートの柱を地中に作ります。

柱状改良した柱の先端は、硬い地盤の深さまで到達していなければなりません。

しかし、柱状改良はその硬い地盤で支えるだけではなく、

柱と柱の周囲の土による摩擦力も加わることで建物の荷重を支える構造になっています。

★注文住宅、不動産、リフォームの事なら当社へ。

真心ある仕事で、全てのお客様へ感動をお届けいたします。

些細なことでもお気軽にお問い合わせください。

ZERO GROUP(ゼログループ)株式会社

ZERO GROUP(ゼログループ)株式会社のオフィシャルサイトです。 大阪市大正区から新築・注文住宅・リフォームサービスを提供しています。